3DCGソフト入門

サイトマップ

円と長方形の描き方

平面の円や長方形の描き方を解説します。正面図や上面図に作図していきます。また、名称変更のやり方も説明します。

>>円と長方形の描き方の全文を読む


カメラの使い方1

透視図をシェーディング+ワイヤーフレームに切替え、そこから透視図の大きさやレンズの調整などの設定をしていきます。特徴を理解し、モデリングしやすく作品を作成するのに適したカメラの設定が出来るようにしましょう。

>>カメラの使い方1の全文を読む


カメラの使い方2

図形を上や横を見たい、斜めから見たい、と言うときのshadeのカメラの操作方法を解説します。カメラウインドウの記憶の項目からカメラを選択して色々な見え方があるのを確認してみて下さい。

>>カメラの使い方2の全文を読む


マニピュレーターの使い方

shade10には「マニピュレーター」という機能があります。この機能を使っての移動のやり方、拡大縮小のやり方、円弧の使い方などを解説します。

>>マニピュレーターの使い方の全文を読む


球と線の描き方

shadeの場合、球以外の立体は自分で作る必要が有りますので、まずは、球や直線、曲線の描き方をマスターしていきましょう。サンプル実例として、スペード型の図形の作り方も紹介しています。

>>球と線の描き方の全文を読む


回転体の作り方

回転体の作り方を解説します。ここでは、ドーナツ状の回転体の作成方法と変形のさせ方、少し複雑なストロー形状のような図形の作り方をご紹介します。

>>回転体の作り方の全文を読む


掃引体の作り方

Shadeでの掃引体の作り方を解説します。円柱や直方体などを作成方法の実例を紹介するとともに、掃引体と回転体で作ったサンプル作品をご紹介しております。

>>掃引体の作り方の全文を読む


起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ