球と線の描き方

球と線の描き方

今までのShadeの解説記事では、平面しか扱っていません。

最初から読んで下さっている方の中には、「そろそろ立体を作りたい!」と考えている人も居ることでしょうし、そのやり方を解説していきます。


では、「ツールボックス」の「Create」を見て下さい。


ツールボックス>create


今までの記事で使用した図形は「長方形」と「円」以外では、
閉じた線形状」「開いた線形状」「」だけです。

他の3DCGソフトなら、立方体などのプリミティブが用意されている事も有りますが、
shadeの場合は、球以外の立体は、自分で作らなければなりません。

そこで、まずは、球を作りましょう。

球の描き方

球の描き方は、先ほどの図のように「ツールボックス」の「Create」から「」を選んで下さい。
円を作った時と同じように、ドラッグしてやると、ドラッグ開始点が中心の球が出来ます。


球の描画


正面図だけを見ると、円を描いたときと同じように見えると思いますが、
透視図を見ると、ちゃんと球になっているのが分かりますね。

透視図を「シェーディング+ワイヤーフレーム」等にすると分かり易いと思いますので、
確認してみてください。

線の描き方

さて、球以外の立体は自分で作る訳ですが・・・
そのためには思い通りの線が描けなければなりません。

shadeは「ベジエ曲線」という物を使って線を描きます。今回はその使い方に慣れましょう。
これがクリアできたら、次回からいよいよ立体を作っていきます。


まずは平面の状態で描く練習をしますので、今回は正面図だけを使います。

今、左下が「正面図」になっていますので、ツールバーの「分割」と書かれている所をクリックし、
「左下ビュー」を選択してください。これで、画面が正面図だけになりました。


ツールバー、分割>左下ビューを選択


まず、直線を描いてみましょう。
ツールボックス」から「閉じた線形状」を選んでください。

この状態で、画面の中央付近をクリックして下さい。
点が現れたのが分かりますか?


次に、好きな場所をクリックすると、また点が現れますね。
そして、最初選んだ点と、今選んだ点が結んだ直線が描かれています。

このようにして、頂点を指定してやることで、直線が描けます。


直線で「閉じた線形状」「開いた線形状」を描く過程


最後に、好きな場所でダブルクリックするか、
ツールボックス」の「finish」をクリックして下さい。

「閉じた線形状」の場合は、一番始めにクリックして出来た始点と、
最後にダブルクリックした点が結ばれて、多角形が出来ます。

ブラウザにも「閉じた線形状」という項目が出来ているのを確認して下さい。


「開いた線形状」の場合も、手順は同じです。
違いは、最後の点と始点が結ばれず一本の線になることです。

曲線の書き方

次は曲線の書き方です。「閉じた線形状」を選択して下さい。

先ほどはクリックして始点を決めましたが、今回はドラッグしてみて下さい。
点だけでなく細い線が現れます。


次に、好きな場所でドラッグしてやると、曲線が現れますね。
これで曲線を描きます。

先ほどと同様に、いくつか繰り返して点を指定してやり、最後に「finish」をクリックすると、
曲線で出来た「閉じた線形状」の完成です。(開いた線形状も同じ手順です)


曲線で「開いた線形状」を描く過程


しかし、慣れるまでは一回で思い通りの曲線を描くことはなかなか難しいですね。
まず、大雑把に曲線を描いて、それから思い通りの曲線になるよう修正する方が効率的です。

スペードの図形を作ろう

では、この曲線をトランプのスペードの形に修正してみましょう。

今、ツールバーは「オブジェクトモード」がグレーになっている状態ですが、
「形状編集モード」にしましょう。


ツールバー、形状編集モードをクリック


これで、選択状態だった曲線の色が変わり、点が表示されました。
点が小さくて分り難い時は、ツールバーの「ラージポイント」をクリックして下さい。


ツールバー、ラージポイント


他の点より、少し大きい点が有ります。ここが始点です。
まずこれを原点の所まで移動します。

この点をクリックすると赤くなります。
これで、ポイントが選択された状態です。

ポイントをドラッグして原点の場所まで持って行きます。


始点を移動


上図では分かりやすいようにマニピュレーターを非表示にしていますが、
マニピュレーターを使って移動させても良いでしょう。


同様に、他の点も、移動させましょう。
スペードを作るには合計7つのポイントが有れば良いでしょう。

点の数が足りないときは[Z]キー[X]キーを押しながら、
曲線を横切るようにマウスをドラッグさせると、点が追加できます。

逆に点を削除したいときは、[Z]キーと[X]キーを押しながら削除したい点をクリックです。


ポイントの追加


次に、ポイントから伸びている細い線(ハンドル)を調整して、形を整えます。

スペードの底の部分は直線なので、ハンドルはいりません。
Xキーを押しながらハンドルの先の赤い点をクリックして、ハンドルを削除しましょう。

残ったハンドルはやや内向きにします。


ハンドルの削除、残りのハンドルの調整


次に、スペードのてっぺんは尖っていますので、ハンドルを折ります。
Zキーを押しながらハンドルの赤い点をドラッグして下さい。

これで左右のハンドルが別々に動くようになりました。
先が尖った形になるように、調整しましょう。


ハンドルを折る


次は、丸くなっている部分を作ります。
ハンドルの先をドラッグして、長さと角度を調整して綺麗なカーブを作って下さい。


丸い部分のハンドル


最後に、足の付け根(?)部分のポイントは、ハンドルがない状態にして完成です。

ハンドルの先の二つの赤い点をXキーを押しながら削除するか、
「ツールボックス」の「modifay」から「アンスムース」を選択して下さい。


ハンドル削除

【補足】

「ツールボックス」の「modifay」の中にも、ポイントの追加やハンドルを折るといった機能があります。

こちらを使っても構いませんが、今後Shadeで複雑な形状を作っていく作業を考慮すると、 画面とツールボックスを行ったり来たりするのは、かなり非効率です。

したがって、上記のようにキーを使う方法を覚えておくことをお勧めします。


さて、これでスペードの図形の完成です。

ツールボックスの「finish」をクリックするか、ツールバーの「オブジェクトモード」をクリックするか、
Enterキーを押せばオブジェクトモードに戻ります。


次回は、回転体の作り方を解説します。

>>8.回転体の作り方の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ