回転体の作り方

回転体の作り方

今回から、いよいよ本格的に立体を作っていきます。
まずは「回転体」の作り方をマスターしましょう。

粘土とろくろで湯飲みなどを作る様子を想像してください。
回転体の作り方は、この作業に似ています。


さて、これから立体を作っていくわけですが、
作業画面を大きくしてみたい、移動させたい、と言う時も有ると思います。


ツールボックス、スクロールとズーム


その時は、上図のようにツールボックスの「pan」「zoom」を使って、作業しやすいようにして下さい。

まずは練習

まずは、練習です。

とりあえず、復習も兼ねて、正面図の好きなところに
閉じた線形状」で台形のような形を作ってください。


台形を描く


次にツールボックスからソリッド回転体を選択し、正面図にドラッグで軸を指定してやります。
今回はグリッドに沿って真っ直ぐドラッグしましょう。


ツールボックス>回転体、軸を指定


これで、ドーナツ状の回転体が完成です。


回転体


最後に、ブラウザの「閉じた線形状」という項目が、
「閉じた線形状の回転体」になっていることも確認してください。

回転体を変形する

それでは、次に、この回転体を変形させてみましょう。
形状編集モード」にしてください。

ポイントを一つ、選択状態にして、移動します。
すると、回転体の形も変わります。

この記事の冒頭で「粘土とろくろ」と言った意味が分かってもらえると思います。


回転体のポイントを移動


これで回転体の作り方や仕組みは理解してもらえたでしょうか。

軸の場所や角度を変えると、回転体の形もそれに応じて変わります。
色々試してみてください。


回転体に斜めの軸


ストローのような蛇腹を作る

今度は開いた線形状で試してみましょう。 まずは点二つで直線を描いてみましょう。

先ほどと同じようにツールボックスから「回転体」を選んで軸を指定して、
ストローのような形状を作りましょう。


開いた線形状の回転体


これに、曲がるストローのような蛇腹を作ってみましょう。
線形状にポイントを増やす方法を復習です。

形状編集モードにして、Z+Xキーを押しながら、開いた線形状を横切るようにドラッグです。
これは回転体になっていても、後の記事で解説する「自由曲面」になっていても同じです。


ポイントを7個くらい増やしましょう。
適宜、ズームインしてポイントを追加してください。


開いた線形状の回転体にポイントを追加


増やしたポイントを一つおきに選択します。
ctrlキーを押しながらポイントをクリックすると複数のポイントを同時選択できます。

選択したポイントをマニピュレーターで少しだけ外に移動させましょう。


ポイントを移動、蛇腹状になる


これで曲がるストローのような蛇腹の完成です。

Shadeという3DCGソフトの使い方を学ぶ上で、回転体は初心者さんには躓き易い部分です。
ですので、まずは自分でもこのページを見なくても作れるように練習して見てください。


次回は、Shadeでの掃引体の作り方を解説します。

>>9.掃引体の作り方の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ