掃引体の作り方

掃引体の作り方

前回は、回転体を作りましたが、今回は「掃引体」を作ります。

掃引体は聞き慣れない言葉の上、回転体と違い言葉から想像し難いかもしれませんね。
しかし、掃引体の作り方は簡単です。


まずは練習です。上面図に円を描きましょう。


上面図に円


ツールボックスのsolidから「掃引体」を選択し、正面図で真上にドラッグしてください。
これで円柱が出来ます。ドラッグの長さが、そのまま円柱の高さになります。


ツールボックス>ソリッド>掃引,円柱が出来る


ブラウザの「」の項目が「円の掃引体」に変わっているのも確認してください。

直方体の作り方

今度は正面図に「長方形」を描きましょう。

ツールボックスから掃引体を選択、側面図か上面図で奥行きを指定しましょう。
すると、直方体が出来ました。


直方体

波状の図形

最後に開いた線形状でも練習してみましょう。
上面図に波状の曲線を描きます。

今まで同様に正面図などで長さを指定してやると、カーテン形状が出来上がります。
※長さを指定するとき、斜めに指定することも出来ます


カーテン状の掃引体


回転体の時と同じように、形状編集モードにすると、ポイントを追加、削除したり、
形状を変形させたりすることも出来ますので、試してみてください。

また、掃引体や回転体は「復帰」で元の線形状に戻すことが出来ますので、
失敗をおそれず、どんどん練習してみてください。


ツールボックス、ソリッドから復帰


このように、shadeにはあらかじめ立体がほとんど用意されていませんが、
回転体や掃引体で、手軽に簡単な形状が作れます。

まずは回転体と掃引体は自由に扱えるようになってください。

掃引体と回転体で作ったサンプル作品

下のサンプル画像は、一見複雑そうに見えますが、
ステンドクラスの外枠以外の形状は、総て掃引体と回転体の集まりです。


教会を模したサンプル作品


回転体や掃引体を自由に扱えるようになったら、
マニピュレーターで移動・回転などさせて組み合わせてみましょう。

それだけでもオリジナリティあふれる作品の制作に近づけます。


まずは、基本が大事です。ここまでのステップは、しっかり身につけてください。
そうすれば、次回以降の内容も、すぐに身につくと思います。


次回は、shadeでの自由曲面の作り方を解説します。

>>10.自由曲面の作り方の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ