ボールジョイントと直線移動ジョイント

ボールジョイントと直線移動ジョイント

引き続き、Shadeでのアニメーション作りの基礎を身につけていきましょう。

今回は、前回羽ばたきのモーションを付けた蝶々に、
上下の動きを付けて、より説得力のある動きにしていきます。


ボールジョイントの作成

まず、前回作ったファイルを開いてください。

こんなに真っ直ぐな格好で蝶々は飛びませんので、
まずは、蝶々の体に角度を付けるジョイントを作りましょう。


形状を編集するときは、「静止画モード」に戻るのが無難です。
シーケンスのチェックを外してから作業してください。

パートから「ボールジョイント」を選択し、
蝶々の体の真ん中付近にボールジョイントを作ります。


蝶の中心付近にボールジョイントを作る


狙った場所に作れなかったら、
形状編集モードで中心付近をドラッグすれば移動させることが出来ます。


ここで、一旦、ブラウザを見て下さい。
下図のように、「ボールジョイント」パートが出来ました。

名前を「蝶中心ボールジョイント」に変更して、蝶本体の形状をドラッグして下さい。


ボールジョイントの中に蝶の形状を入れる


これで、ボールジョイントを操作することで、蝶の角度が変えられるようになりました。


直線移動ジョイントの作成

次に、上下運動をさせるためのジョイントを作ります。


パートから「直線移動」を選択し、
蝶の中心付近を真っ直ぐドラッグし、直線移動ジョイントを作ります。
※このジョイントも、形状編集モードで編集可能です


直線移動ジョイントの中にボールジョイントパートを入れる


この「直線移動」パートに、
先ほどの「蝶本体ボールジョイントパート」を入れ、準備完了です。


ボールジョイントの操作

では、続いて、上下運動の動きを付けていきます。
まずは、シーケンスモードに入ります。

今回はジョイント値を変更すると、自動的にポイントが作られる「オートキー」を使います。


まずは、0コマ目で蝶の体に角度を付けます。
下図をよく見て、モーションウインドウの準備をして下さい。


シーケンスモード、一番はじめのコマ、オートキーにチェックを確認


今は蝶に角度を付けたいので、
ジョイント群の中から「蝶本体ボールジョイント」を選択します。


ボールジョイントは羽根の時に使った回転ジョイントとは違い、
モーションウインドウのスライダが使えませんので、IKモードでポーズを付けます。


ボールジョイントを操作


IKモードに入り、マニピュレーターをドラッグすることでポーズが付きます。

または、「Move」の中にジョイント名が出ますので、
そこで「蝶本体ボールジョイント」を選択し、ドラッグしても良いでしょう。

使いやすい方法を選んで、蝶に程よい角度を付けて下さい。


以上ができたら、ここで一旦、モーションウインドウを確認して下さい。

オートキー」にチェックが入っているので、
一番はじめのコマの所にポイントが作られているのが分かります。


ポイントが作られているのを確認


蝶の角度は最後までこのままで良ければ、このボールジョイントの操作はこれで終わりです。


直線移動ジョイントの操作

次は直線移動ジョイントの操作をします。
モーションウインドウのジョイント群から「直線移動」を選択して下さい。

今度はスライダが使えます。
スライダを操作して、蝶々が高い位置に来るようにしましょう。

ここでも、「オートキー」にチェックが入っているので、ポイントが自動で生成されています。


直線移動ジョイントを操作して、蝶を上に移動


次に、蝶を下に下げます。
まずは、蝶が最も低い位置に来る時間を決めます。


羽根が閉じきった少し後が良いでしょう。▼を右にドラッグして移動させて下さい。
そして、直線移動のスライダを操作して、蝶が低い位置に来るようにして下さい。


直線移動ジョイントを操作して、蝶を下に移動


ポイントが自動生成されました。



再び、蝶が高い位置に来るように操作しましょう。

羽根が開ききった少し後に、時間軸を移動させ、
先ほどと同じように直線移動スライダを操作して、ポイントを生成させます。


直線移動ジョイントを操作して、蝶を上に移動


もう一度、蝶を下に移動させるモーションを設定しましょう。
手順は、先ほどと同じです。


直線移動ジョイントを操作して、蝶を下に移動


あとは、この繰り返しです。

三つのポイントを選択し、前回の記事と同様「繰り返し」の回数を指定してやれば、
羽根の羽ばたきにあわせて蝶が上下するモーションの完成です。


選択、繰り返し


いかがでしょうか。
そろそろ、モーションウインドウの使い方になれてきたのではないでしょうか。


次回は、パスジョイントの作り方を解説します。

>>42.パスジョイントの使い方の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ