芋虫を動かす(拡大縮小ジョイントを使う)

芋虫を動かす(拡大縮小ジョイントを使う)

前回までの記事(芋虫を動かす(ボールジョイント))で、
芋虫に尺取り虫のような動きを付けました。

今回は、拡大縮小ジョイントを使って、
芋虫が動くたびに大きく成長するようなアニメーションを作っていきます。


shadeでのアニメーション設定の基礎はもう身についたと思うので、
今回はそんなに難しくないと思います。
復習の意味も込めて、設定を進めていきましょう。


作業の前に、一度、「シーケンス」のチェックを外して、静止画モードに戻りましょう。

形状などの編集をするときは「静止画モード」に戻って作業すると、ミスが少なくて済みます。
これは、習慣づけておいて下さい。


均等拡大縮小ジョイントの制作

では、作業に入ります。
まずは、「part」から「均等拡大縮小」ジョイントパートを選択して下さい。


これで、均等拡大縮小ジョイントが制作できます。

芋虫のボールジョイント4付近をドラッグして、均等拡大縮小ジョイントを制作してください。
手順は、今まで作ってきた回転ジョイントなどと同じですね。


均等拡大縮小ジョイントを作る


ブラウザを見て下さい。
均等拡大縮小」ジョイントパートが作られていますね。


芋虫を大きくするためには、芋虫のパートを、このジョイントパートに入れてやればよい訳です。
これも、蝶々の羽根に回転ジョイントを仕込んだときと同じですね。


均等拡大縮小ジョイントパートの中に、芋虫パートを入れる


これで、芋虫が大きくなったり小さくなったりするジョイントが出来ました。
試しに均等拡大縮小ジョイントパートの「形状情報」を開き、スライダを動かしてみてください。


大きくなったり、小さくなったりするのが確認できます。
確認が終わったら、初期値に戻しておきましょう。これも、習慣づけておいて下さい。


形状情報のスライダで、動きを確認


さて、ここれで準備完了です。
いよいよシーケンスモードに入って、動きを付けていきます。


シーケンスモードで動きをつける

モーションウインドウの「シーケンス」にチェックを入れて下さい。

では、ポイントを打っていきましょう。

まずは、均等拡大縮小ジョイントを選択し、
フレーム0の位置で、ジョイント値は初期値でポイントを打って下さい。


開始フレームで、初期値にポイントを打つ


次は、上の▼を動かして、芋虫が縮みきったフレームまで動かします。
このフレームで、再び、「均等拡大縮小」の初期値でポイントを打ちます。

これで、芋虫の動き始めから縮みきるまでの間、芋虫の大きさは初期値のままで、変化しないことになります。


芋虫が縮みきったフレームでポイントを打つ


また▼を動かして、芋虫が再び伸びきったポーズになるフレームまで移動させます。
この位置で、「均等拡大縮小」のジョイントを動かして、芋虫を少しだけ大きくしましょう。

ここでは、ジョイント値を1.20位にしました。
大きさが決まったら、「」のボタンを押して、ポイントを打ちます。


芋虫が伸びきったフレームで、芋虫が大きくなるようにポイントを打つ


これで、芋虫が縮みきった時から伸びきるまでの間に、大きくなるように設定できました。
あとは、これの繰り返しです。


ポーズを付ける→ポイントを打つ、どんなジョイントを使っても、基本はこの繰り返しです。
この手順で、芋虫を少しずつ大きくする設定をしていきましょう。


均等拡大縮小ジョイント設定終了


設定が終わったら、プレビューで動きを確認して下さい。
芋虫が動きながら、少しずつ大きくなっていくのが分かると思います。

これで、今日の作業は終了です。
どうでしょうか、
Shadeでのアニメーション設定に、少しずつ慣れてきたのではないでしょうか。

次回の記事では、芋虫を前進させます。頑張って進めていきましょう。


次回は、オフセットを使ってShadeで作成したキャラクターを、移動させる方法を解説します。

>>46.芋虫を動かす(オフセットを使って動かす)の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ