花を作る(変形ジョイントを使う)

花を作る(変形ジョイントを使う)

shadeでのアニメーション設定にも、随分慣れてきたことと思います。

これまでやってきた「ジョイント値を決める」「ポイントを打つ」という手順は、
他のジョイントを使うときでも同じです。


今回は「変形ジョイント」を使って、つぼみの花を開花させるモーションを設定したいと思います。


つぼみの形状を作る

まずは、つぼみの形状を作りましょう。

今回も、リアリティよりも雰囲気重視です。
デフォルメしたチューリップのような形にしてみました。


細かい手順は省きます。
葉や茎には薄い緑を、つぼみには黄色を適応しておきましょう。


つぼみの形状を作る


開花後の花を作る

次に、これをさらに編集して、開花後の花を作ります。

まずは、一つのパートにまとめて、ブラウザでパートごとコピーし、
同じ位置に同じ形状のものをもう一つ作ります。


それぞれ「つぼみ」「」と名前を変えておきましょう。


コピー+ペーストで形状を増やす


では、つぼみを変形させて、花にします。

つぼみ」パートはじゃまになるので非表示にしておきましょう
ブラウザの右肩にある▼をクリックして、チェックボックス群を開いてください。


つぼみ」パートの所にある目のマークを一度クリックすると、
目のマークが消え、形状が見えなくなります(レンダリングはされます)。

複雑な形状を制作するときなど、形状が一時的に邪魔になるような場合には、
こうして一時的に隠して作業能率を上げましょう。


ブラウザで「つぼみ」を非表示にする


あとは、ポイントを移動させたりして花のように形状を編集します。
色も変えておきましょう。葉や茎は濃いめの緑に、花は赤にします。


花を作る


もし、花を作るときにポイントを増やした場合は、
つぼみの方でもポイントを追加して、ポイント数、線形状の数を同じにしておきましょう。
※図は便宜的に「つぼみ」と「花」の位置をずらして表示しています


ポイントを追加して、ラインの数を同じにする


これで、つぼみと花の形状は完成しました。

二つのパートを変形させる

この二つのパートを「変形」ジョイントを使って、変形させます。

[part]から「変形」を選択し、「変形」ジョイントパート作り、
そのパートの中に「つぼみ」「」パートを入れてやればOKです。


変形ジョイントパートの中に、つぼみパート・花パートを入れる


これで準備はOK、と言いたいところですが、
変形ジョイントには少々クセがあるので、モーション設定の前に確認しておきましょう。


変形前の形状と変形後の形状が、必ず、線形状の数・方向が一致していなくてはいけません。
ブラウザで確認しておきましょう。


花を編集するときにラインの切り替えや、ポイントの追加をした場合は、
つぼみの方でもポイントを増やしたり、ラインの切り替えをし直したりして、修正しておいて下さい。
※図は分かりやすいように、「つぼみ」パートと「花」ハートを左右に並べて配置しています


全ての線形状の方向と数をそろえる


これで、やっと準備OKです。


開花するモーションを設定する

では、開花するモーションを設定しましょう。
3秒くらいかけて、花が開くようにします。


手順は、今までと同じです。シーケンスモードにしてください。

フレーム0の位置でジョイント値「」にしてポイントを打ちます。

ジョイント値が0と言うことは、変形前の形状、
つまりブラウザで上になっている「つぼみ」パートがレンダリングされます。


次に、フレーム90の位置で、ジョイント値を「」にしてポイントを打ちます。
これで、変形後の形状、つまりブラウザで下になっている「」パートがレンダリングされます。


変形ジョイントのモーション設定


アニメーションレンダリング

これで完成です。試しにアニメーションレンダリングしてみました。

いかがでしょうか。
変形前と変形後の間の形状が補完され、徐々に変形していくのが分かります。

少々クセがあるのが難点ですが、便利なジョイントですから、
使いこなせるようになると作品制作の幅が広がると思います。


次回は、今までに作ったshadeファイルをインポートして、一本のアニメーションにする作業について解説します。p>

>>48.インポートするの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ