ライティング(光源ジョイントを使う)

ライティング(光源ジョイントを使う)

Shadeでのアニメーション制作にも慣れてきたことと思います。

前回までのテストレンダリング画像では、無限遠光源一灯のみの仮ライティングでしたので、
今回はライティングを施します。その際、光源ジョイントの使い方も一緒に覚えましょう。


まずは、影が落ちるように、長方形の「閉じた線形状」で床を作ります。
長方形には曲面がありませんから、細かい分割は必要有りません。


閉じた線形状で床を作る


名前の先頭に半角で「」を付けて、分割をしない、と言う設定にしておきましょう。
些細なことですが、こうした一手間がレンダリング時間の節約につながります。


アニメーションの場合、レンダリング時間の節約は大事だと思います。


ライトを配置する

次に、ライトを配置します。

今回は、レンダリング時間を短くするためにも「大域照明」などは使わないで、
レイトレーシングでレンダリングするつもりです。

それを念頭に置いてライトを配置しましょう。
私は、今回はスポットライトを図のように配置しました。


スポットライトを配置


なお、補助ライトは光沢と影を切っておきました。
これは、メインのライトのみで光沢と影が生じるようにするためです。


こうしたライトの詳細設定は「形状情報」から行えますので、好みの設定を見つけてください。


補助ライトの設定


これらのライトを、明るくしたり暗くしたりするアニメーションを作るために、
光源ジョイントパート」を作ります。

part」から「光源」を選び、ブラウザに「光源」ジョイントパートを作りましょう。
あとは、スポットライトを、この「光源」ジョイントパートに入れるだけです。


光源ジョイントパートにスポットライトを入れる


アニメーションの設定

最後に、モーションウインドウでポイントを打って、アニメーションの設定をします。
もう、細かい手順の説明は省いても大丈夫ですよね?^^;


図を参考に、ポイントを打ってみてください。
ジョイント値が0の時、ライトは真っ暗になります。

ジョイント値が1の時は、元の明るさになります。


光源のモーション設定をする


せっかく徐々に明るくする設定を施したので、明るくなってから芋虫が動き出すよう、
光源以外のすべてのポイントを選択し、少し後ろにずらしておきました。

光源ジョイントは、数値を一々入力し直さないでも、スライダで明るさを調節できるので、
静止画のライティングの微調整にも役に立ちます。

機会があったら使ってみて下さい。


次回は、カメラの設定について解説していきます。

>>51.カメラを動かすの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ