アニメーションレンダリングをする

アニメーションレンダリングをする

Shadeでのアニメーション制作も、前回までにほとんど完了しました。
今回はいよいよアニメーションレンダリングをしたいと思います。

長い道のりでしたが、完成したときの喜びは、
きっと静止画とはひと味違ったものだと思います。


シャドウキャッチャーの追加

まずは、静止画でレンダリングしてみましょう。

床に相当する長方形が小さくて、少々物足りない感じがします。
これを地平線の彼方まで大きくしてしまうと、飛んでもないレンダリング時間になることが予想されます。

ですから、閉じた線形状を隠して、閉じた線形状に落ちる影だけを背景に落とす設定をしましょう。


ブラウザのチェックボックス群を開いてください。
どのチェックボックスが、何の役割があるかは、マウスを置くとブラウザの下部に出てきます。

「シャドウキャッチャー」という項目はありますか?
確認してください。


チェックボックスにシャドウキャッチャーがあるか確認


もし、無い場合は、シャドウキャッチャーの項目を追加して下さい。
チェックボックス群にマウスを乗せて、右クリックして下さい。

出てきたポップアップを確認しましょう。
チェックが付いているものが、表示されているチェックボックスです。

シャドウキャッチャーにチェックを付けると、
チェックボックス群に「シャドウキャッチャー」の項目が追加されます。


シャドウキャッチャーを項目に追加


シャドウキャッチャーの項目が追加されましたか?

これで、床となる「閉じた線形状」のシャドウキャッチャーにチェックを入れると、
「閉じた線形状」に落ちる影が背景に落ちるようになります。

シャドウキャッチャーを使っていないレンダリング画像と比較してみてください。
その効果が分かると思います。


シャドウキャッチャーを使用した画像



シャドウキャッチャーを使用していない画像


あと、背景も多少手を加えておきましょう。
上空が青空になるように設定しました。


背景の設定


レンダリングをする

では、いよいよレンダリングしましょう。

まずは、ブラウザで、ルートパートを選択状態にしてください。
これで、すべての形状がレンダリングされます。

次に、モーションウインドウの▼をクリックして設定画面を開きましょう。

あらかじめ、設定を施しているはずですからあまり弄る必要はないのですが、
アニメーションの終了が当初予定していたの30秒より短くなってしまいましたので、
終了フレームの数値だけ変更しておきました。


アニメーションの設定


あとは「アニメーションレンダリング」のボタンを押せばOKです。


アニメーションレンダリング開始ボタン


保存ファイル形式について

アニメーションレンダリングのボタンを押すと、保存ファイル形式を聞かれます。
環境が許すなら、ファイルサイズがあまり大きくならず、画質もまずまずの「mov」をお勧めします。

ファイルサイズが大きくても良いのであればaviなどが良いでしょう。


保存ファイル形式を選択


movで保存を実行するとさらに圧縮率など聞かれますが、
慣れない内は初期設定のままでいいでしょう。


あとは、レンダリングが終わるのを待つだけです。
※このライティングの場合、シャドウキャッチャーでの影が不正になることが分かりました
回避策として、レイトレースの影ではなく、シャドウマップを使うことにしました


影をシャドウマップに変更


下記が完成したアニメーションです。

いかがでしょうか。これでアニメーションの完成です。
静止画とは、またひと味違った達成感があると思います。


Shadeはアニメーションには不向き、とよく言われますが、
このくらいのアニメーションなら慣れればさほど苦労することなく作れます。

あなたも、是非、楽しんでみてください。


次回は、Shadeで制作したアニメーションを「素材」として使用する方法をご紹介します。
次回がいよいよ最終講義です!

>>53.素材として使うの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ