素材として使う

素材として使う

前回までの記事で、Shadeを使ったアニメーションの制作は完了しました。
今回は、その応用として、作ったアニメーションを「素材」として使用する方法をご紹介します。


アニメーションをバックドロップに利用する方法

一つめは、アニメーションを「バックドロップ」に利用する方法です。

まずは、モーション設定したファイルを用意します。
今回は、以前の記事で作った蝶々の飛び回るシーンを使い回すことにしました。

モーション設定を施した蝶々をコピーして、移動・回転で配置しただけの簡単なものです。


蝶々が飛び回るシーンを用意


では、バックドロップに動画を読み込みましょう。
手順は、静止画のバックドロップと同じです。

レンダリング設定の「イメージ」にあるバックドロップに、静止画を読み込むのと同じ要領で、
前回の記事で完成した動画を読み込みます。


この時、注意したいことは、静止画の時と同様、
レンダリングサイズと、バックドロップのサイズをそろえておくことです。

あと、読み込むのは動画ですから、どうしてもファイルサイズが大きくなってしまいます。
「外部参照」が無難かもしれません。


それから、「バックドロップ」にチェックを入れるのを忘れないでください。


バックドロップに動画を読み込む


バックドロップが綺麗に合成されるよう、基本設定の「背景を描画」のチェックを外したら、
あとはアニメーションレンダリングを実行するだけです。


背景を描画のチェックを外す


いかがでしょうか。
背景部分に、前回作った動画が合成されているのが分かります。

動画編集ソフトを持っていなくても、手軽にShadeを使って動画の合成が出来ますので、
使い方次第で、面白い表現が出来ると思います。


アニメーションをテクスチャに利用する方法

動画を素材として使う、二つめの方法は「テクスチャ」に利用することです。
今回は、私の手持ちのデータを使って、図のようなシーンを用意しました。


シーン作成


このシーンの中にある、おもちゃのようなテレビの画面に、
バックドロップの解説で作った動画を貼り付けたいと思います。

では、画面部分の自由曲面の表面材質設定をしましょう。
基本的に、静止画のテクスチャを読み込むのと同じ手順です。

基本設定等は、好みの数値にしておいて下さい。
そして、マッピングのレイヤー1を「拡散反射」にして、
イメージ部分に動画ファイルを読み込めばOKです。


テクスチャに動画を読み込む


このファイルもアニメーションレンダリングしてみましょう。

いかがですか?
テレビの画面に、前回制作した動画がはめ込まれたのが分かります。

このように、作った動画は素材としても活用が出来ます。
せっかく苦労して作った動画ですから、応用を利かせて、いろいろ楽しんで下さい。


最後に・・・

さて、これで、アニメーション制作の記事も終わりになります。

静止画の記事の最後にも書きましたが、
私がご紹介した手順は、あくまで「一つの方法」であって、これがすべてではありません。

いろいろなアプローチがありますし、他にもいろいろな機能があります。

皆さんが、ご自身で、自分に似合った手法で作品を作ってみて下さい。
そして、作った作品をどんどん発表して下さい。


shadeには、ユーザーが集うコミュニティも沢山ありますし、
そうした場で感想やアドバイスをもらうことは、次の作品の糧になると思います。

作品を作るだけでなく、そうしたコミュニケーションも是非楽しんで下さることを期待しております。

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ