キーポイントの作成と設定

キーポイントの作成と設定

今回から、Shadeで動画を作るための設定を施していきます。

手間は掛かりますが、その分、出来上がったときの喜びもきっと大きいと思います。
ですので、動画作成初心者の方も、一緒に頑張りましょう。


シーケンスモードと静止画モード

では、前回作った蝶々のデータを開いてください。
まずは、モーションウインドウを開き、アニメーションの設定を確認してください。


ここではフレームレート30で10秒のアニメーションを作る設定になっていますが、
フレームレートを20くらいに落として練習したい場合は、
フレーム数を200、終了を199にしておいて下さい。

これで、フレームレートが30の場合は「0」から「299」の計300コマの静止画の集まりで、
10秒のアニメーションを作ることになります。
※フレームレート20の場合は0~199の計200コマになります


設定を確認したら、「シーケンス」にチェックを入れて下さい。
これで、モーションを設定することが出来ます。


シーケンスにチェック


これからは、モーションの設定をするときは「シーケンスモード」に、
途中で形状を編集したくなった場合は「静止画モード」にするように、注意して下さい。


シーケンスモードと静止画モードの切り替えは、コントロールバーのカメラのマークでも
できますし、モーションウインドウの「シーケンス」のチェックでも可能です。


キーポイントの作成

それでは、動きを付けていきましょう。

この蝶々には、1秒間に2回ほど羽ばたいてもらいます。
まずは右の羽根から設定していきます。


下の部分に、作ったジョイントが並んでいます。
ここから「右回転」を選択する事で、右の羽根の動きを設定することが可能になりました。

下図のように左上に「右回転」という文字が出ているのを確認して下さい。


0の位置にキーポイントを作る


縦にラインがありますが、これは「今の時間」を示しています。

今、ラインは左端にありますから、アニメーションが始まる第一コマ目
(「0」のフレーム)を指していることになります。


それでは、この始まりのコマのポーズを設定してやります。
上段にある「」のマークをクリックして下さい。

クリックすると、赤い印が作られましたが、これが「キーポイント」です。
このコマでは、このジョイント値ですよ、と言う印です。


ポーズの設定(その1)

次に、羽根のポーズを決めましょう。
まず、羽根が開ききったポーズになるように、キーポイントを真下にドラッグします。

このジョイント値が限界値になるように、スライダ左の小さな三角をドラッグしておくと無難です。


0のフレームにモーション設定


次は、再び羽根が開ききるコマにキーポイントを作ります。
数値は「15」くらいにしておきます。(フレームレート20なら10くらい)


15のフレームにキーポイントを作る


一番上の▼を右にドラッグして「15」の位置に来たら、先ほどと同様に「」をクリックです。
このコマでは「0」のコマと同じポーズで良いので、ジョイント位置はそのままでOKです。


ポーズの設定(その2)

次に、「0」と「15」の中間付近に、今度は羽根を閉じたポーズを設定しましょう。

だいたい「8」くらいになるように、一番上の▼を戻して、
」ボタンでキーポイントを作ります。


中間付近にキーポイントを作りポージング


出来たポイントを、上にドラッグして、
蝶の羽根が閉じたようなポーズになるよう、調整して下さい。


最後に、先ほどと同様、限界値を決めておくと良いでしょう。


キーポイントの繰り返しの設定

あとは、この動きの繰り返しを設定すればOKです。
ドラッグして三つのキーポイントを選択します。


3つのキーポイントを選択


これで、下の図の色の付いた範囲が選択された状態になります。


この選択された部分が繰り返しなので、「繰り返し」の数値を「20」にしてやれば、
同じ動きを20回繰り返すように、ポイントが自動生成されます。


選択範囲を20回繰り返す


これで、右側の羽根の設定は終わりです。
次の作業の準備のため、一旦、一番上の▼を左端の「0」の位置まで戻して下さい。


ポイントのコピーと貼り付け

今度は、左側の羽根の設定をしましょう。
左右同じように動けば良いので、右側の動きを左側の羽根にコピーします。


まずは、右回転のジョイントのポイントをドラッグで囲み、すべて選択状態にしましょう。


右回転のポイントを全て選択状態に


この時、時間を表す横軸が長すぎて、選択しづらい場合は、
」ボタンを押して横軸を短く表示させると良いでしょう。


この状態で、カギのマークをクリックすると、選択したポイントがコピーできます。


選択ポイントをコピー


あとは、ジョイント群から「左回転」を選択し、カギのマークから「貼り付け」を選べば、
ポイントが貼り付けられ、右側と同じ動きを、左側もするようになります。


左回転に、ペースト


動きを確認する

最後に、簡単に動きの確認をしておきましょう。

モーションウインドウ左上付近に、ビデオのリモコンの再生マークのような
ボタンがあるのが分かると思いますが、このボタンを押せば、動きの確認が出来ます。


もちろん、ここでの確認は、まだプレビューですから、
実際にアニメーションレンダリングした時のような美しい動きではありません。

しかし、自分が作ったものが動くのが確認できると、モチベーションが上がりますね。


動きの確認


また、モーションウインドウ一番上の▼をゆっくりドラッグしても、
動きが確認できますので、試してみてください。


次回は、3DCGでの動画アニメーションの基礎を解説します。

>>39.アニメーションの基礎の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ