αチャンネルの使い方

αチャンネルの使い方

今までの記事を読んでいる方なら、すでにShadeの使い方にも慣れてきたと思います。
しかし、3Dでのスキルアップのためには、2Dのスキルアップも不可欠です。

なぜなら、テクスチャを作ったり、
レンダリング画像を合成したり、加工したりと言った作業も重要だからです。


そこで、今回からは、少し3DでのShadeの作業から離れ、
2Dでの作業の解説をしたいと思います。


αチャンネルを使った合成の仕方

今回は、αチャンネルを使った合成の仕方について説明します。
背景を他の画像に差し替えてみましょう。


なお、私の場合は、AdobeのPhotoshopCS2を使用していますので、
キャプチャ画面や操作方法はPhotoshopCS2のものになります。

しかし、他のソフトを使っていても、きっと応用が利くと思いますので、参考にして下さい。


では、早速始めましょう。

まずは、レンダリング画像を保存します。
前回までの記事で制作、レンダリングしたデータを利用します。


イメージウインドウの「保存」をクリックし、
出てきたポップアップから「保存」を選択しましょう。

これで、ファイル名を指定すれば、レンダリング画像が保存できます。


レンダリング画像の保存


ファイル名は、自分の分かりやすいもので構いません。
ファイル形式はpsdやtifなど、αチャンネルの情報を保持できる形式がよいでしょう。

jpgはαチャンネルの情報が保持できないだけでなく、画質が劣化するのでお勧めできません。



αチャンネルの抽出


αチャンネルを保持しない形式で保存した場合は、
レンダリング画像の上で右クリックし、「αチャンネルを抽出」を選択して見て下さい。

すると、レンダリング画像がαチャンネルの画像に置き換わりますので、
それを新たに保存するようにして下さい。


Photoshopでの作業

次に、画像編集ソフトでの作業に入ります。
まず、Photoshopで先ほど保存した画像を開いてください。

αチャンネルを保持したファイル形式で保存していた場合、
下図のように「チャンネル」の所に、形状がある部分が白くなった画像が有ります。
※もし、αチャンネルを別に抽出した場合、ここにαチャンネルの画像をペーストして下さい


αチャンネルの確認と修正


さて、ここでよく見て欲しいのですが、透明な壺の口の部分が一部黒くなっています。
これはレンダリングの設定で「視線の追跡レベル」が足りなかったことが原因で起こります。

レンダリングし直す必要はありませんが、この部分は予め白く塗り潰しておいて下さい。


背景画像の差し替え

では、引き続き、今度は背景を別の画像に差し替えていきましょう。

まずは、新しい背景画像を用意しましょう。
今回は、思い切って、下図のように全く印象の違う画像を用意してみました。


新しい背景画像


この背景を、レンダリング画像ファイルの新規レイヤーにペーストします。
チャンネルはRGBに戻してから作業しましょう。


新しい背景画像を新規レイヤーにペースト


では、合成していきます。

レンダリング画像のレイヤーが選択されている状態で、
「選択範囲」から「選択範囲を読み込む」を選んでください。


選択範囲の読み込み


αチャンネル1を選択して、OKをクリックして下さい。
これで、形状の有る部分が選択範囲となりました。


選択範囲の指定


あとは、「編集」から「コピー」を選び、新規レイヤーにペーストすればOKです。


コピー&ペースト


すると、下図のように背景だけが見事に差し替えることができました。
最初と随分印象が変わったのではないでしょうか?


完成画像


今回用いた、αチャンネルを用いた合成は使い所が多いので、是非覚えて下さい。

今後、複雑なシーンを作る場合、一度にレンダリングするよりも、
パーツを分けて合成した方が効率が良い場合も出てきますが、そんな場合にも有効な方法です。

合成の基礎とも言えるテクニックなので、頑張って使いこなしてください。


次回は、Z値を使って、奥行き方向に霞んだ表現を出す方法を解説します。

>>35.Z値を使った奥行きの表現1の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ