奥行きの表現2

奥行きの表現2

前回の「Z値を使った奥行きの表現1」では、Shadeでレンダリングした画像を、
Photoshopで加工して奥行きを表現する方法について、解説しました。

今回は奥行きの表現として、ピンぼけのような効果を付ける方法を解説したいと思います。


プラグインを使ったピンボケのやり方

最初に断っておきますと、、、
今回はShadeの操作だけで、ピンぼけのような効果を出す方法をご紹介しますが、
実はプラグインを使う事でも同様な事が可能です。


まず、下の画像を見て下さい。
これはShadeの優良なプラグイン「DepthPlus」を用いてピンぼけを再現したものです。


デプスプラスによるピンぼけの表現


ご覧の通り、ピントの合っていない所が綺麗にぼけて、ハイライトも美しく表現されています。
ただ残念な事に、プラグインの使える環境(Standard以上)でないとDepthPlusは使えません。


しかし、Shadeの標準の機能にも、ピンぼけのように暈かす機能があります。
これならグレードに関わらず使用出来ますので、今回はこちらをご紹介します。


Shadeの標準機能を使ったピンボケのやり方

まずは、ピントを合わせたい場所を、クリックします。

この時、形状を選択してしまい、うっかり変な操作をしてしまわないよう、
Ctrlボタンを押しながらクリックするのがお勧めです。

※Ctrlボタンを押しながらクリックすると三次元カーソルの位置だけが指定され、形状の選択を行いません


もし、ピントを合わせたい位置に上手くカーソルを持って行くことが出来ない場合は、
ラージカーソルにすると分かりやすいでしょう。

図の丸が付いている印をクリックして、グレーにしておくとラージカーソルになります。


焦点位置をクリック


それでも上手く行かない時は、正面図のグリッドの外の目盛りのような所をクリックし、
カーソルX軸の位置を指定した後、側面図にカーソルを持って行くと上手く行きます。


次に、総合パレットの「カメラウインドウ」を見て下さい。
詳細設定」の部分が畳んである場合は、▼をクリックして詳細設定の項目を開いて下さい。

ここの「焦点」をクリックし、スライダを調整します。
これで、ピントが合う位置と、ぼかし具合の設定が完了です。


カメラウインドウの「焦点」をクリック


あとは、レンダリング手法を「パストレーシング」にして、レンダリングすればOKです。


パストレーシングでレンダリング


こうして完成した画像が下図になります。


焦点設定したレンダリング画像


いかがでしょうか。このページ一番上のプラグインを用いた画像と比較してみて下さい。


プラグインが使えない環境で、Shadeのみで表現できるのは利点です。

しかし、「暈かす」のみなので、プラグインを用いた絵のような
ハイライトのキラメキなどは表現できていません。

また、少々ザラついた感じもありますが、このザラつきは設定次第で、多少軽減出来ます。
しかし、そのためにはレンダリング時間を犠牲にする必要があります。


このように、shadeのみで上手くピンボケ効果を出すには、幾つか残念な点も残ります。
そこで、次回はPhoshopを使い、ピンぼけのような効果を出す方法をご紹介します。

>>37.奥行きの表現3の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ