角の丸め

角の丸め

前回の「自由曲面の編集2」で作った立方体は、
すべてのポイントにハンドルが出ていない状態で、角が立っています。

工業製品などをモデリングする場合、角にアールが付いている方がリアルに見えますが、
いちいちポイントを増やしたり、ハンドルを出したりするのは大変です。


そこで今回は、「角にアールを付ける方法」を解説します。

まずは、復習です。「長方形」を掃引して、立方体を作ってみてください。
グリッドに沿って、すべての辺の長さが同じになるように作れましたか?

さらに、その掃引体を自由曲面にコンバートして、
蓋と底を一点に収束させて一つの自由曲面にしてください。


自由曲面の立方体


ここまでは、復習ですね。ここからが今回の記事の本題です。

角にアールを付ける方法(ポイントを増やす場合)

角にアールをつけるのを手作業でするならば、
ポイントを追加して、切り替え後、不要なラインを削除してやればOKです。


手作業によるRの付け方


ただし、手作業だと、アールの付き方が角によって違ってしまったりすることがあります。

すべての角に正確にアールを付けるなら、モディファイにある「角の丸め」を使うと能率的です。


角にアールを付ける方法(角の丸めを使う場合)

手順を説明します。
まず、角を取りたいラインを選択します。


ラインを選択


次に、ツールボックスのモディファイから「角の丸め」を選んでください。


「角の丸め」を選択


角の丸め」を選択すると、アールの半径をしてするウインドウが出ます。
ここで、数値を入力しましょう。

参考までに、下図では定規も一緒に表示させました。
(定規はツールバーの「表示」の中の「定規」で表示できます)

この大きさなら、50位で良いでしょう。


Rの数値入力


50と入力して、OKを押すと、下図のようになりますね。角が丸くなりました。


「角の丸め」実行結果


では、他の角も、全部丸くしましょう。次は底面部分です。手順は同じです。


次の角の丸め


次は切り替えて、縦方向の「開いた線形状」も同じように丸めていきましょう。


縦方向の角の丸め


すべての角を丸くしました。


すべての角を丸めた状態


因みに、モディファイの中にある「角の丸め」「角の切り落とし」は手順は同じです。
そちらも練習してみてください。


次回の講義からは、いよいよ、shadeで作品を作っていきたいと思います^^

>>15.テーブルを作るの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ