自由曲面の作り方

自由曲面の作り方

今回はshadeの特徴でもある「自由曲面」を作ります。

自由曲面が自由に扱えるようになれば、
回転体や掃引体では作れなかった複雑な形状も簡単に作れるようになります。


自由曲面を作る方法はいくつかありますが、
まずは最も簡単な、回転体からのコンバートからです。

例えば、以前「掃引体の作り方」では、蛇腹付きのストロー状の物(下記画像)を作成しましたね。


以前に作成したストロー状の物体


回転体のままでは、せっかくの曲がるストローも曲がりません。これを曲げてみましょう。


回転体からのコンバート

まずは、回転体の蛇腹付きストローのファイルを開いてください。
もし、破棄してしまった人は、復習のつもりで新たに作ってください。

ブラウザで、この形状だけを選択状態にしてください。
ツールボックス」の「コンバート」から「自由曲面に変換」をクリックして下さい。


ツールボックス>コンバート>自由曲面に変換


形状は一見、変化がないように見えますが、これで自由曲面になりました。


ブラウザ、自由曲面


ブラウザの表示が、上記のように、「開いた線形状の回転体」から
自由曲面」に変わっていることを確認して下さい。


では、曲げてみましょう。形状編集モードにして下さい。
ストローの飲み口にあたる部分から蛇腹の真ん中あたりまでのポイントを総て選択します。

複数のポイントの選択には、以前の記事でCtrlキーを押しながら、
ポイントを一つ一つクリックする方法を紹介しましたが、今回は投げ縄を使います。

投げ縄の使い方

ツールボックスを確認してください。
任意の形でポイントを複数選択できる「投げ縄」があります。


ツールボックス、ボックス選択、投げ縄選択


その真ん中のマークを、濃い灰色の選択状態にしてください。


次に、正面図か側面図で、選択したいポイントをドラッグして囲んでください。
選択状態になりましたか?


もし、不要なポイントまで選択してしまった場合は、
Ctrlキーを押しながらポイントをクリックで、選択状態から外れます。
(選択ポイントを増やす場合も同様なやり方です)


投げ縄で複数ポイントを選択


なお、Shiftキーを押しながら投げ縄で選択すると、選択ポイントを増やすことも出来ます。

マニピュレーターでの操作

それでは、選択ポイントをマニピュレーターで、回転、直線移動させて見て下さい。
これで、曲がるストローの完成です。
※このファイルは、次回の記事でも使用しますので、名前を付けて保存しておいて下さい


ポイントを回転・移動


今回、回転体を自由曲面にコンバートしましたが、
もちろん、今まで作った掃引体や球もコンバートできます。

手順は同じで、形状を選択して、ツールボックスのコンバートを使います。
一度、練習してみてください。


次回は、Shadeにおける自由曲面の概念について解説したいと思います。

>>11.自由曲面の概念の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ