簡単な立体作品を作る

サイトマップ

テーブルを作る

shadeの使い方を実際に作品を作る過程を通して覚えてきましょう。ここでは、初心者の方でも出来るテーブルの作り方を教えています。一緒にリピート機能やブラウザの折り畳み機能なども覚えていって下さい。

>>テーブルを作るの全文を読む


表面材質の設定

ここでは、shadeで表面材質の設定のやり方を解説します。色の設定のほか、光沢や反射の設定、木目をつけるなど材質の設定のやり方などを解説します。

>>表面材質の設定の全文を読む


仮レンダリングをする

ここではShadeのレンダリングのやり方を解説します。3DCGの作品をカメラで撮影するような作業で、自分のイメージどおりの作品が出来ているか確認します。イメージどおりでないなら、表面材質の設定を見直しましょう。

>>仮レンダリングをするの全文を読む


カップとソーサーを作る

カップとソーサーを3DCGを作成するやり方を解説します。それぞれ回転体から作成しましょう。断面図を作成する際は、原点を基準に書くことと中心のハンドルを真っ直ぐにする事に注意しましょう。

>>カップとソーサーを作るの全文を読む


カップを仕上げる

今回はカップの取っ手を3DCGで作成します。やり方は、閉じた線形状で、取っ手の断面を描くとともに、断面図をパスの始点に配置します。次にそのラインの形を記憶させて掃引をします。

>>カップを仕上げるの全文を読む


ティーポットを作る1

ここでは、簡単な作品として、ティーポットを作成します。本体と蓋は回転体で作成し、取っ手部分は、断面を描いてパスを記憶させ、断面を始点に配置して掃引します。

>>ティーポットを作る1の全文を読む


ティーポットを作る2

Shade10でティーポットを作っていきます。ここでは、アンスムーズ+スムーズを使って、滑らかなラインを作る練習をするとともに、「ラインフィット」という機能の使い方を覚えましょう。

>>ティーポットを作る2の全文を読む


スプーンを作る

今回はShadeで、ティースプーンを作ります。特にここでは、マルチハンドルの機能を使いこなして見て下さい。ここまでくると、自由曲面のモデリングにも慣れて来ると思います。

>>スプーンを作るの全文を読む


鏡面材質の設定

表面材質設定のやり方の実例をサンプルを使って示します。ここでは、鏡のような材質に設定し、反射や拡散反射などの項目を調整しつつレンダリングをしていきます。また、背景はShade Explorerを利用します。

>>鏡面材質の設定の全文を読む


ガラスの器を作る

可愛いガラスの器を作成する過程を通して、透明体の表面材質設定のコツを覚えましょう。ここでは、ガラスの材質らしく見せるため、透明のスライダの使い方や「屈折」の値の調整の仕方を覚えましょう。

>>ガラスの器を作るの全文を読む


起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ