テーブルを作る

テーブルを作る

今回からは、実際に作品を作っていく過程を通して、shadeの使い方を覚えていきます。
作品を作る場合、まずは「何を作るか?」を自分の中ではっきりさせておきましょう。


そのために、特に初心者さんの方なら予めラフスケッチを描くのもお勧めです。

今回はラフスケッチを省略しますが、イメージとしては
「晴れた日にベランダでお茶」というシチュエーションで作っていきたいと思います。


テーブルの部材を作る

まずは、ティーセットを置くためのテーブルを作りましょう。
実際のテーブルのサイズから大きく離れないように、定規を表示させて作業をしていきます。

今回作るテーブルは、小振りな折りたたみテーブルをイメージしていますので、
65センチ四方くらいにします。


まずは、掃引体からコンバートした自由曲面で、下の図のような
幅6センチ、厚みは3センチ、長さは65センチくらいの形状の部材を作ってください。


自由曲面の角材


リアリティを出すために角を丸めることも忘れないでください。

ここで、気をつけて欲しいのは、原点を基準に作ることです。


リピート機能を使ってテーブルの天板を作る

次に、ツールボックスのコピーを使って、コピーします。

ブラウザで先ほど作った「自由曲面」を選択し、
ツールボックスの「copy」から「直線移動」を選択してください。


ツールボックス、コピー>直線移動


その状態で、右横にドラッグしましょう。

すると、自由曲面の角材が二つになりました。


真横にドラッグ。形状が2つに


全部で角材は10本ほど欲しいので、あと8本です。リピート機能で増やしましょう。
Shade10についているリピート機能は、同じ作業を繰り返す機能です。

ツールボックスの「rpeat」で、8を選択してください。


ツールボックス>リピート>8


これで、あっという間に、自由曲面が、あと8ココピーされました。
これがテーブルの天板の部分になります。


天板の完成


ブラウザの折り畳みとパート機能

ここで、ブラウザを見て下さい。自由曲面でいっぱいのはずです。
ブラウザを見やすく纏めることも、作業の能率状、大切なことです。

自由曲面」の左横の小さな三画をクリックすることで、
開いたり畳んだりする事も出来ますので、必要無い時は見易いように畳んでおきましょう。


ブラウザの管理


また、今回はあまり作り込みませんが、細部まで作り込む場合、
パーツが増え、ブラウザの管理が大変になってきます。

そこで、「パート」を使って、ブラウザを整理します。


「パート」はファイルを纏めるフォルダのような役割をしてくれます。
いくつかのパートを一つのパートに纏める、と言ったことも可能です。


今回は天板となる自由曲面を、全部一つのパートにドラッグして入れておきましょう。
分かりやすいように、名前も変えることが出来ます。


このパートをダブルクリックして、名前の入力ウインドウを出して、
「天板」に名前を変更しておきましょう。


今回はここまでです。次回は、shadeで表面材質の設定のやり方を解説します。

>>16.表面材質の設定の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ