カップを仕上げる

カップを仕上げる

前回までの記事で、カップ&ソーサーのソーサー部分と、カップの本体部分を作りました。
今回はカップの取っ手を作って、カップ&ソーサーを仕上げましょう。

まず、開いた線形状で、カップの取っ手の形を作ります。


取っ手部分のパス


次に、閉じた線形状で、取っ手の断面を描きます。
それを、取っ手の形を作ったラインの「始点」に配置します。

始点がどこか分からなくなった場合は、形状編集モードにしましょう。


断面図をパスの始点に配置

始点のポイントは、少し大きく表示されています。
上図で言えば、矢印が付いたポイントが始点になります。


取っ手の形を記憶させて掃引

次からの行程は、うっかり形状の選択を間違える事があるので、気をつけて行いましょう。

まず、オブジェクトモードで取っ手の形を作ったラインを、
ツールボックスの「記憶」で記憶させます。


パスを記憶


今度は、断面図の方を選択し、ツールボックスの「掃引」をクリックします。
「solid」の掃引とは違いますので、間違わないでください。


断面を選択し、掃引


下図のように、きちんとパスに沿って断面が配置された自由曲面が出来たでしょうか?


パスに沿って掃引


もしうまくいかなかった場合、断面のラインが、
きちんとパスの始点に配置できていなかったのかもしれません。


下の図を見て下さい。これは失敗例です。


パスに沿って掃引、失敗例


断面がきちんと始点に配置できていなかった場合、
このように正しく掃引されませんので、注意して下さい。


取っ手の両端の処理

今のままでは取っ手がまるでストローのようですから、両端を閉じましょう。
手順としては、四角柱の蓋とそこを閉じたときと同じです。

まず、端の「閉じた線形状」をブラウザ状でコピー+貼り付けして下さい。
これで同じ位置に閉じた線形状が二本ある状態になります。


閉じた線形状を同位置にコピー+ペースト


一番端となる「閉じた線形状」を「一点に収束」で一カ所に集めましょう。
これで端が閉じました。


一点に収束


あとは形を整えます。収束させた閉じた線形状を少し移動させると良いでしょう。
好みの形になるように、ラインを追加したり、ハンドルを調整したりすると良いでしょう。

ハンドルの調整は、ポイントに「Modifay」のアンスムースをかけ、
さらにスムースをかけると簡単です。


端の処理完成


あとは、反対側の端も同様に処理して完成です。


パートに纏める


最後に、ツールボックスの「パート」から新しいパートを作り、
取っ手と本体を一つのパートに纏めましょう。分かりやすい名前を付けることも忘れずに。

さらに、先に作ったソーサーとカップを一つのパートに纏めておきます。
これで、保存しておきましょう。


次回は、簡単な作品として、ティーポットを作成してみましょう^^

>>20.ティーポットを作る1の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ