ティーポットを作る1

ティーポットを作る1

shadeの扱いに、少しは慣れてきたでしょうか?
今回と次回で、簡単な作品を作成する練習として、下図のようなティーポットを作ります。

今回は復習的な内容が多くなりますが、作りたいものが形になっていく過程は
きっと楽しい物ですので、頑張って作っていきましょう。


ティーポット完成図


完成図を見てどういうプロセスで作っていけば良いか、まず頭の中で組み立てて見て下さい。


もし、組み立てられるようになっていれば、ここまでのステップは完璧に理解できています。

逆に、どう作っていけば良いか、イメージがわかないという方は、
作りながら、どういう形の時にどういう手段を使えば良いか、少しずつ理解していって下さい。


本体と蓋を作る

では、まず、回転体で本体と蓋を作ります。
今回も原点を基準にすることを忘れないでください。

蓋と本体がきちんとかみ合っていると、形状に説得力が出ます。


下の図は、本体と蓋を回転体にする前の断面です。参考にしてください。


本体・蓋の断面


回転体が出来ましたか?
では、次に、ティーカップの時と同様の手順で取っ手を付けましょう。


取っ手を付ける

まず、取っ手の形と断面を描いて、パスを記憶、断面を始点に配置して掃引です。


今回のポイントは、パスの始点が上向きなので、
断面の閉じた線形状がパスの支点と垂直になるように、上面図から描いてある点です。


取っ手のパスと断面


端の処理をしましょう。一点に収束で閉じて、形を整えます。


取っ手の完成


今回は取っ手の下の部分のポイントを、マニピュレーターの拡大・縮小を使って細くしてみました。

今回はここまでですが、次回は注ぎ口を作って、ティーポットの完成とします。


>>21.ティーポットを作る2の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ