鏡面材質の設定

鏡面材質の設定

今回は、前回作ったスプーンに表面材質設定をしましょう。


今回の記事で、鏡のようにピカピカに磨かれた銀や、
華やかなゴールドの材質設定を覚えて、作品にどんどん活用しましょう。

こうした表現はShadeのようなCGソフトが、最も得意とするところです。


まずは鏡のような材質の設定をします。
総合パレットを「表面材質」にして下さい。

鏡のように、周りの物を映り込ませるには「反射」の値を上げます。


今は練習ですので、他の項目はデフォルトのままで、
反射のスライダをいっぱいに上げてみて、テストレンダリングをしましょう。


基本色が白、反射を上げる


白いスプーンになってしまいました。
これは、基本色が白のままなので、飽和しているからです。


今度は拡散反射」のスライダをゼロ・反射を1にしてレンダリングしてみましょう。


拡散反射を下げてレンダリング


今度は真っ黒になってしまいました。
これはスプーンの周辺には何もなく背景を設定していないため、何も映り込まないからです。


背景の細かい設定方法は、後の記事で説明することにして、
今回は、背景にshade explorerのサンプルを利用しましょう。


Shade Explorerの背景を利用する

ShadeExplorerを開き、「背景」の中から好きな物を選び、ダブルクリックして下さい。
背景が取り込まれます。


ShadeExplorerの背景


それでは、レンダリングしてみて下さい。
今度は背景が映り込んで、綺麗な鏡のように磨かれたスプーンになりました。


背景適用後の鏡面材質


実際はスプーンがここまでギラギラしていることは無いでしょうから、調整しましょう。
下図を参考に、拡散反射や反射の値を調整しましょう。これで、銀色の設定の完了です。


銀色の設定


では、応用です。
ゴールドは、どのように設定したらよいでしょうか?


ゴールドは銀と違って黄色みを帯びていますから、
拡散反射色や反射の色に、黄色味を設定してやればOKです。


金の設定


後は、光沢の値を調整してやれば完成です。

いかがでしょうか?2Dでは表現が難しいメタリックな質感も、
3Dなら簡単に、しかも美しく表現できることがお分かり頂けたのではないでしょうか?


次回は、もう少し詳しく、透明体の表面材質設定のコツを覚えましょう。

>>24.ガラスの器を作るの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ