ガラスの器を作る

ガラスの器を作る

今回は、角砂糖やキャンディーを入れたくなるような、
可愛いガラスの器を作りながら、透明体の表面材質設定のコツを覚えます。


まずは、下記のような器本体を作りましょう。


回転体の器


もう、shadeの扱いにも慣れて来て、手順の説明の必要はないかもしれませんが、
開いた線形状で断面を描き、回転体を作ります。


表面材質の設定

では、材質の設定をしていきましょう。総合パレットの「表面材質」を開いて下さい。


透明なガラスの器にしたいので、まずは他の設定は触らないで、
透明」のスライダをいっぱいまで上げましょう。

すると、テストレンダリングを見てみるまでもなく、
プレビューが真っ白になってしまったのが分かります。


透明を上げる


では、透明にするにはどうすればよいかと言うと、
鏡面材質の時と同様、拡散反射を下げてやればよいのです。

今回はいっぱいまで下げてしまいましょう。


透明と拡散反射を下げる


今度は光沢が見えるだけで、完全な透明になりましたね。


では、ここでテストレンダリングしてみましょう。

透明も、向こう側が透けて見えないと、
それらしい感じがしませんから、背景を設定しておきます。


設定方法は鏡面材質の時と同様、サンプルの背景をShadeExplorerから読み込みましょう。


テストレンダリング1


このままでは、どこに器があるのか分からない状態です。
もっとガラスらしく見せるためには、「屈折」の値を上げてやります。


インターネットで「屈折率」を検索すると、いろいろな物質の屈折率が分かります。
それを参考に値を決めても良いのですが、それらしく見える程度で良いなら、
私の経験上1.5以上でガラスらしく見えます。


テストレンダリング2屈折・反射を設定


あとは、ガラスも周りの景色が少し映り込んでいたりしますので、反射も少し上げておきましょう。


テストレンダリング3色味・光沢調整


ずいぶんガラスらしくなりました。
後は好みで色味を加えたり、光沢を調整したりすれば完成です。


その他のフルネルやコースティクスについて

上記まででご説明したのは、最低限ガラスらしく見える設定です。

もっとリアルを追求するならば「フレネル」や「コースティクス」と言った
設定も必要になってきますが、今回は割愛します。

もう少し3DCGに慣れて来て、必要を感じたときに身につけていくと良いでしょう。


難しいことは後で少しずつ覚えていけばよいので、
初心者さんは、はとにかく「楽しく作品を作れるようになる」事を目標にして、
shadeの基礎的な操作方法を身につけましょう。


次回からは、今まで作成した形状を用いて、shadeでの作品制作の手順を覚えていきましょう。

>>25.作った形状を並べるの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ