一枚の作品にする

サイトマップ

作った形状を並べる

今まで作成した形状を用いて、shadeでの作品制作の手順を覚えていきましょう。ここでは、インポート、リンク機能、オブジェクトガイドなどの使い方覚えていきましょう。

>>作った形状を並べるの全文を読む


自由曲面の分割

今回は、Shadeでの自由曲面の分割のやり方を学びましょう。ここでは、自由曲面を分割して、テクスチャを貼り付けていく方法を解説します。

>>自由曲面の分割の全文を読む


イメージをラップマッピングする

自由曲面に新しく材質の設定をして、イメージ貼り込みを行います。貼り込みは、形状に沿って画像を張る「ラップマッピング」を用い、模様をしっかり出すために反復機能も用いましょう。

>>イメージをラップマッピングするの全文を読む


マスターサーフェイスを使う

Shadeでマスターサーフェイスの使い方を覚えるために、その登録方法と適用方法を解説した事例を紹介します。ラインの流れが揃ってない場合は、Modifyの「逆転」を適用してあげましょう。

>>マスターサーフェイスを使うの全文を読む


レンダリングの準備をする

作品を仕上げるための最終的なレンダリングの下準備として、ここではカメラとライトの設定を行います。レンダリング用のカメラにはオブジェクトカメラを用い、ライトには自然な太陽光をイメージして無限遠光源を設定します。

>>レンダリングの準備をするの全文を読む


レンダリング設定をする1

shadeのレンダリングには、レイトレーシングやパストレーシング、トゥーンレンダラ、ワイヤーフレーム、CALLISTOなど多くの種類がありますが、それぞれの違いの説明をしたいと思います。

>>レンダリング設定をする1の全文を読む


レンダリング設定をする2

レンダリングの細かな設定方法について。基本設定の確認から、イメージの設定方法、大域照明の設定方法などを、細かく解説します。イラデアンスキャッシュにチェックを入れた時のキャッシュトレランスの値についても解説します。

>>レンダリング設定をする2の全文を読む


背景を設定する

背景を設定する方法として、景観作成ソフトで作成した背景画像を用いる場合と、shade背景を設定する場合の2パターンに分けて解説します。また、照り返しや反射の色などの調整のための霧や雲の設定方法も説明します。

>>背景を設定するの全文を読む


レンダリングする

shadeによる作品制作の最後として、レンダリングをして見ましょう。パストレーシングの使用で、全体に明るくなり陰影が飛んでいますが、その絵の修正方法も、解説します。

>>レンダリングするの全文を読む


起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ