作った形状を並べる

作った形状を並べる

ここまでのShadeの解説記事で、いくつかの形状を作ってきました。

今回からの記事で、それらの形状を使って作品を作り上げていくプロセスを説明しながら、
shadeでの作品制作の手順を覚えていきます。頑張りましょう。


ファイルの読み込み

まずは、テーブルのファイルを開いてください。
ここに、ティーセットを配置していきます。

ファイル」から「インポート」を選び、「形状データ」を選択してください。


ファイル>インポート


すると下図のような画面が出てきますので、
ティーカップを保存したファイルを選択して下さい。

この時、「カーソル座標を基準として読み込み」の部分を、
原点を基準として読み込み」にして下さい。


読み込み画面


すると、テーブルファイルの原点と、ティーカップを作った時の原点の位置が、
重なる形で、形状が取り込まれました。


ティーカップインポート


オブジェクトガイドを使いこなす

今度は、このティーカップを好きな場所に配置しましょう。
この時、ティーカップがテーブルから浮いたりめり込んだりしないように注意しましょう。


こういう時に便利な機能が「オブジェクトガイド」です。

テーブルの一番高い所とティーセットの一番低い部分をスナップしてくれるので、
オブジェクトガイド」を濃いグレーにして有効にしておくと配置が楽になります。


オブジェクトガイドを有効、ティーセットを配置


Shadeのリンクの機能を使って形状を増やす

一人でお茶を飲むのは寂しい感じがしますので、
「リンク」という機能を使ってティーカップを増やしましょう。


カップ&ソーサーのパートを選択状態にして、
コピー」から「リンク」を選び、ドラッグしてください。

ティーカップがもう1セット出来ました。


オブジェクトガイドを有効、ティーセットを配置


元の形状を編集すると、リンク形状にも編集が適用されます。
全く同じ物を増やすときは、リンクが便利でしょう。


もしこのシーンでティーカップの形を変えたくなったら、元の形状の方を修正して下さい。
リンク形状は、形の編集は出来ませんが、場所や角度を変えることは出来ます。

あと、マニピュレーターで、少し回転させておくと、絵に表情が出ると思います。


大きさの調整

では、他の形状もインポートしていきましょう。

手順は同じ、「ファイル」から「インポート」を選んで取り込んでください。
インポートした形状はマニピュレーターを使って、テーブルに配置しましょう。


配置してみて、スプーンが大きすぎる、ティーポットが小さすぎる等もあると思います。

その場合は「Move」から「均等拡大縮小」を選んで、
それぞれ、ちょうどいいサイズに直してください。


均等拡大縮小


形状の配置が終わったところです。

ティースプーンだけは微妙な角度が付いていますので
「オブジェクトガイド」を有効にしないで、手作業で慎重にお皿に配置しましょう。


配置完了


配置が終わったら、別名保存しておきましょう。
こうして作った作品を配置するだけでも、shadeでの作品作りが進んできた感じがしますね。


次回は、Shadeでの自由曲面の分割のやり方を解説します。

>>26.自由曲面の分割の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ