自由曲面の分割

自由曲面の分割

前回までの記事で、今まで作ってきたshadeファイルを読み込み、一つのシーンを作りました。

今回と次回の2回で、自由曲面の分割マスターサーフェイスの使い方を覚えながら、
ティーセットに材質を設定していきます。


ブラウザの整理

まずは、ブラウザを整理しましょう。

ツールボックスのパートから、新しいパートを作成し、
ティーポットとティーカップを一つのパートに纏めましょう。
分かりやすい名前を付けておく事もお勧めします。


それから、ブラウザの中に「イメージ」と言う項目がありますが、
これはスプーンやガラスの器を作ったときに使った背景の画像です。

今回は使いませんので、削除しておきましょう。


ブラウザの整理


テクスチャを使っての材質設定

次に、一つに纏めたティーセットのパートを選択状態にして、材質設定をしましょう。
艶のある陶器のイメージです。


ティーセットに材質設定


今度は、ティーカップの縁に格好いい模様を付けたいと思います。
画像はお好みで、お手持ちの画像編集ソフトを使って制作してください。

今回は、画像の貼り込みの説明上、下のような画像(テクスチャ)を作りました。


ティーカップ模様テクスチャ


ティーカップの模様は外側だけです。内側は無地です。
そこで、ここからティーカップ本体を内側と外側に分割します。


自由曲面の分割の手順

テクスチャを工夫すれば分割しなくても外側だけに模様を出すことも出来ますが、
shadeの特徴である自由曲面でモデリングを進めていくならば、
自由曲面の分割の手順を覚えておくことは重要になります。

したがって、ここでは分割してテクスチャを貼ります。


まずは、カップ本体を自由曲面にコンバートし、
ブラウザ上でコピー+ペースとして同位置に複製します。


カップを自由曲面にコンバートし、コピー


次に、二つある内の一つの自由曲面のラインの方向を切り替えて、
カップの外側に当たるラインを削除します。


外側のラインを削除


今度は、もう一つの自由曲面も同じように、ラインの方向を切り替え、
カップの内側に当たるラインを削除します。


内側のラインを削除


これで、カップ本体を二つの自由曲面に分割出来ました。


下の図は、分かりやすいように、内側と外側にそれぞれ違う色を付けて表示してあります。


分割完了


次回は、この外側の部分にテクスチャを貼っていく操作方法を解説します。

>>27.イメージをラップマッピングするの全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ