レンダリングの準備をする

レンダリングの準備をする

さぁ、前回までに、Shadeでの作品となるオブジェが完成しました。
今回からは、いよいよ、一枚の作品に仕上げて行きます。


今回は、最終的なレンダリングの下準備として、カメラとライトを設定していきます。

これは、shadeで作品を作るときだけでなく、
2Dで構図を決めたり、色を付けたりする時も、考え方は同じです。


カメラの設定

まずはカメラを設定していきましょう。

レンダリング用のカメラはメタカメラではなく、
オブジェクトカメラがより直感的で分かり易いので、お勧めです。


ですので、まず、レンダリング用のオブジェクトカメラを用意してください。
(「オブジェクトカメラの作り方」の項目に、詳しいやり方が解説されてあります)


カップやティーポットを配置するときに、
「ポットは二つのカップの間に置くのが自然だろう」などと考えたことでしょう。

カメラも同じです。
自然な位置に配置してやると、作品に説得力が増すと思います。


シーンにもよりますが、
今回はテーブルに座った時の人間の目線を意識してカメラを配置しましょう。
そうすれば、カメラの焦点距離も自然に決まってくると思います。


今回は50-120くらいの間で調整すると良いでしょう。
また、今回はテーブルの足などは作らなかったので、テーブルの下が見えないように注意します。


カメラの配置


ライトの配置

次に、メインのライトを配置します。


今回は晴れた日のベランダや庭という設定なので、自然な太陽光が良いでしょう。
ですから、総合パレットの「無限遠光源」を設定してやります。


ベランダなら、カメラの配置してある側が建物ですから、
太陽光は反対側から入ってくると思われますので、やや逆光気味に設定してやりましょう。

すると、輪郭が強調されて、より立体感も増します。


無限遠光源の設定


このように、カメラやライトに困ったら、
まずは、「どういうシーンなのか?」と言うことを思い出してみましょう。
すると、自然に決まってくると思います。


では、ここで、テストレンダリングしてみましょう。


テストレンダリング


ライトが一灯で逆光気味なので、まだまだ暗いですね。

背景もないので、とても「昼間の晴れたシーン」には見えませんし、
お皿やティーポットも、なんだかカクカクしているのが分かります。


次回以降の記事で、これを修正していきます。

>>30.レンダリング設定をする1の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ