よく使うウインドウ

よく使うウインドウ

4つに分かれた画面の役割も分かったところですし、では、早速3DCGを作りましょう!
と言いたいところですが・・・その前に、よく使うウインドウの説明をしておきましょう。

まずはツールボックスです。


ツールボックスのウインドウ


表示されていない場合は「表示>ツールボックス」で表示させてください。
立体を作るための「道具」はここに有ります。細かい使い方は追って説明しておきます。


次にブラウザです。
これも表示されていない場合は「表示>ブラウザ」で表示させてください。


ブラウザのウインドウ


ここで作った図形を管理します。
細かい作品を作っていくと、どうしてもパーツが多くなりがちです。
ブラウザで上手く管理していくようにしていきましょう。


ブラウザ右側のたたみ方


また右側に図のようなが表示されている場合は、たたむことも出来ます。
この部分の使い方も、覚えておくと便利なのですが、今のところはたたんでおきましょう。


総合パレットのウインドウの機能を理解しよう!

そして、最後に総合パレットです。
いくつかの機能を一つのウインドウに纏めた物です。

この中で特によく使うのは「カメラ」「無限遠光源」「表面材質」です。
まず、カメラのアイコンをクリックしてみてください。
画像のような表示になります。ここでカメラの設定が出来ます。


総合パレット-カメラ


次に、太陽のアイコンをクリックしてみてください。
無限遠光源、つまり太陽光のようなライトが設定出来ます。


総合パレット-無限遠光源


最後に刷毛のようなアイコンをクリックしてみてください。
ここで表面材質、つまり立体の色や質感などを設定できます。


総合パレット-表面材質


その他にも色々あるのですが、まずは「ツールボックス」「ブラウザ」「総合パレット」の
3つは表示させておいて、有る程度の役割を理解しておいてください。

これからshadeで作品を作っていく練習をしますが、
最初はこれ以外のウインドウは閉じていても良いでしょう。


このように、shadeではいくつものウインドウを開いておく必要があり、
そのため立体を作っているとモニターが狭く感じるかもしれません。

そのため、使わないウインドウは、閉じておいて方が作業中のストレスが少ないと思います。


特に、この『Shade使い方講座』では、主に自由曲面の練習をしていきますので、
ポリゴンメッシュを編集するときに使う「メッシュ編集」のウインドウは使いません。


メッシュ編集


右肩のX印を押して、このウインドウは閉じておいてください。


次回は、平面の円や長方形の描き方を解説します。

>>3.円と長方形の描き方の全文を読む

▼Shade関連書籍です▼
▼Shade12の解説本を書きました!▼
Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS) 当サイト作者による『Shade12CGテクニックガイド』が、Amazonより絶賛販売中です^^
Shade12入門用として、初心者の方にも分りやすく丁寧に解説しているとともに、上級者の方向けに喜んで頂ける様、CG製作のテニックも随所に渡って解説しております。
特別付録として、CD-ROM(Shede12体験版・本書関連データ)も付いてます!
>>Shade12 CGテクニックガイド (I・O BOOKS)

起動方法と画面説明

3DCGソフト入門

自由曲面

簡単な立体作品を作る

一枚の作品にする

作品のブラッシュアップ

アニメーションの基礎

現在の最新バージョンはShade 12です。(当サイトの説明は10.5バージョンです)
残念ながらフリーソフトではありませんが、試用期間30日間の無料体験版のダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ